【速報】大学入学式が秋へ移行、ギャップターム期間にタダ留学?【留学】

【ワシントン西田進一郎】下村博文文部科学相は1日、ワシントンで記者会見し、日本の大学が秋入学制度を導入することで生まれる高校卒業から約半年 の空白期間「ギャップターム」に合わせ、短期海外留学を希望する学生全員を給付型の奨学金で支援する構想を明らかにした。新制度の導入で海外留学を促し、 日本人の海外留学者数の減少傾向に歯止めをかけたい考えだ。

 下村氏は「ギャップタームを活用して海外に留学したいという学生は全員(給付)対象にしたい」と語っ た。具体的な予算規模などは明らかにしなかったが、「30万円あれば数カ月の短期留学は可能だ」と述べ、1人当たり数十万円の給付を想定していることを示 唆した。制度の導入時期については「東大が(導入を)計画しているのは数年先の話であり、少し先の実施になると思う」と話した。毎日新聞 2013年05月02日

 

Shimomura「希望者全員」

このようなことが可能なのでしょうか。

まず、奨学金の額が30万では一ヶ月滞在するのがせいぜい可能な期間ではないだろうか。

英米豪カナダの学費・生活費は決して安くはないし、今や円安が進んでしまっているのです!

留学期間、奨学金の金額、受給資格については最終的な数字が決まるまでにまだまだ議論がありそうです。

「希望者全員」が留学可能ならば、単なる遊学で終わりそうな人達も出てくるのは避けられそうにありません(笑)。

「大学入学者だけに奨学金を無償で提供するの?」という疑問を呈するメディアもこれから出てきそうです。

この記事のリンク用URL:http://isegjp.com/?p=671

メディアの報道

文科相構想:留学希望者に奨学金 秋入学「空白期間」対策(mainichi.jp)
大学秋入学までの海外留学に奨学金…文科相構想(Yomiuri On Line)
留学生全員に奨学金給付=秋入学のギャップターム利用-下村文科相(時事通信)

Written by
iSEGjpcom 運営者です。 「みんなが海外で学んだ時間で体験したことを少しずつシェア」することを目的としたサイトを目指しています。 

Lost Password

Please enter your username or email address. You will receive a link to create a new password via email.